ビタミン不足の原因と症状そして改善方法

ビタミンは人間の体内で合成することのできない栄養素の一つで、体の様々な機能を維持するために必要であるためビタミン不足が起こると体調不良などの症状を引き起こす可能性があります。

 

ビタミン不足に陥る原因は、主に食生活の乱れにあります。

人間の体に必要なビタミンは実に多くの種類があり、それらすべてを十分に摂取しようと思えば多様な食物を食生活に取り入れる必要があります。
しかし現代では忙しくてついファーストフードやコンビニの食べ物で簡単に食事を済ませてしまうといった人も多く、知らず知らずのうちにビタミン不足に陥っているというケースが多いのが現実です。

 

ビタミン不足が長期的に続いた際に体に起こる症状は、肌荒れや抜け毛、疲れやすくなる、免疫が低下して風邪をひきやすくなる、太りやすくなるなど非常に多岐にわたります。

ビタミンは体内で傷ついた細胞を新しく生まれ変わらせたり、カロリーを効率よくエネルギーに変換するなどの代謝の働きを担っています。
体の細胞がいつまでも古いままであれば体はさびつき、肌がゴワゴワしたりニキビがいつまでも治らないといった状態が続き、また新しく健康的な髪を作ることができなくなり抜け毛や薄毛の原因ともなります。

 

また食べ物から摂取したカロリーをエネルギーに上手く変えて消費させられないということは、余分なカロリーがどんどん体に溜まって脂肪を増やすこととなり、そのためビタミン不足はダイエットの大敵でもあるのです。

 

ビタミン不足解消に食生活の見直しも

ビタミン不足を改善するためには、その原因である食生活を見直す必要があります。

ビタミンは様々な食品に含まれていますので、主食の他に肉、野菜や果物をバランスよく摂っていれば不足の心配はほとんどありません。
おにぎりやパンだけ、といった単品食べを習慣的に続けているとビタミンは高確率で不足しますので、1日30品目ともよく言われるように、毎回の食事でなるべく多くの食材を摂取できるように心がけることがのぞましいです。

 

ビタミン不足解消にサプリメントの摂取も

もし食生活の改善が難しければ、サプリメントを利用してビタミンを補うことでも不足は改善できます。

ただしサプリメントを摂る際には含まれているビタミンの種類と量に注意して、1日の必要摂取量をきちんと摂れるようにしましょう。

 

食べ物でビタミンを摂取する場合にも工夫や注意が必要です。

ビタミンCやB群は水溶性ビタミンであり、水に溶けやすく熱に弱いという特徴を持っています。
そのため水洗いや調理によって食材に含まれているビタミンが流出したり壊れてしまうという可能性があります。
野菜や果物は切り口を水に長時間晒しすぎたりせず、加熱もできればさっと短時間で行うのがベストです。
また、最近ではすごくおいしいと言われている青汁を飲むのもおすすめです。フレッシュな国産野菜が原料の青汁がおすすめです。

青汁おすすめはこちら!